安全大会の講演・セミナー

IMG_0040

安全大会のため講演いたします!

メウロコ!その手があったか!?航空業界におけるヒヤリハット防止対策メウロコ!

安全にことが行われて普通、という世界で働く方に、過酷な航空業界のゼロ ディフェクト運動をお伝えするとともに、ヒューマン エラーが起きないためには、どういう点に気をつけるか?を学びます。チームで働くためには?もしもの時には・・・辛い思いをする仲間や自分。どう考えるのでしょう?

1人称・・・私
2人称・・・当事者の家族「あなた」
3人称・・・「彼・彼女」他人として扱う

2.5人称という立場メソッドです。

従来のヒヤリハット防止対策の想定外のことが起きています。例えば、航空機とドローンの接触。グリーンレーザー光線をパイロットに当てる等、いたちごっこにならずにゼロ ディフェクトを推進する方法を学びます。上司と部下の円滑なコミュニケーションの極意はフィードバック法にあります。
例)タイムテーブル
10分 自己紹介・アイスブレイク
20分 ISMS認証、IOSA認証を通して。PDCAを回すだけではない情報伝達が必要。
ヒューマンエラーの脳科学、ヒヤリハット防止対策
20分 理論とワーク
10分 振り返り・まとめ
航空機事故とその対策。
御巣鷹山の事故で仲間を亡くした経験から安全運営に関するワーキンググループで活動。
人間の脳の仕組みを学びます。特に、IT業界ではISMS認証、航空業界ではIOSA認証を経験しました。
PDCAを回す以上のことが必要な時代が来ています。事故事例から、その場の上司が本人に自発的に気づかせるコミュニケーション術を学びます。
ゲームを交えて楽しくすすめます。

時間:45から90分など。
カスタマイズ:フォロワーシップ対策、感情コントロール、チームビルディング対応可能です。

交通費込み:10万円~

実は、どこの業界でも必要なヒントがあった!と、好評でした。

台東区中小企業診断士会でも講演しました。

数名から300名以上対応可能です。

多くの現場で汎用性のある内容です。


航空業界の安全施策をお話しつつ、コミュニケーションの大切さをメインにした講話です。

風通しのいい職場作りに必要なコツ?ワークを取り入れてわかりやすくお伝えします!